週刊みとよ ほんまモンRadio!

香川県にある三豊(みとよ)市は、「日本のウユニ塩湖」父母ヶ浜で知られる絶景地です。三豊市とFM香川が連携し、旬の観光やイベント情報をお伝えしていきます!

ラジオで放送!

『週刊みとよ ほんまモンRadio!』では、毎月の第1・2金曜日の14:00から、FM香川の「Weekend Shuttle!」で三豊のゲストが出演し、落語家・桂こけ枝さん、ラジオパーソナリティの筒井智子さんとのトークセッションを行っています。アプリ「radiko」を使えば、放送から1週間無料でいつでも視聴できますよ。

すべて見る

アートで島とつながる。瀬戸内国際芸術祭の新たな楽しみ方

香川県三豊市の情報をお届けするラジオ番組「週刊みとよほんまモンRadio!」7月最初のゲストは三豊市地域おこし協力隊の前川 瞭(まえかわ りょう)さん。 何故、地域おこし協力隊に?何度かこの番組でも話題に挙がっている「地域おこし協力隊」。 総務省の取り組みで、全国で多くの方が活動されています。 FREE型・MISSION型に大別できるそうで、前川さんの場合は「芸術を通した地域おこし」特に、瀬戸内国際芸術祭の期間、粟島芸術家村事業を中心に担う、という「MISSION」で着任

スキ
4

Uターンし地域おこし協力隊に。活動の魅力は?|2022年7月1日ラジオ放送

香川県三豊市の情報をお届けするラジオ番組「週刊みとよほんまモンRadio!」 今回のゲストは地域おこし協力隊の前川瞭さん。 三豊市出身で、今年から地域おこし協力隊として活動されている前川さん。 現在は粟島の芸術家村事業などに携わっているそうです! 地域おこし協力隊になったきっかけ、活動の魅力などをお聞きするのはもちろん、 瀬戸内国際芸術祭、秋会期に向けて、粟島芸術家村の最新情報もお伺いしますよ!お楽しみに。 放送は本日! 7月1日(金)14:00~ エフエム香川78.

「海ほたる隊」になって瀬戸芸をもっと楽しもう♪粟島会場のみどころも

香川県三豊市の旬の話題をお届けする「週刊みとよほんまモンRadio!」 今回のゲストは瀬戸内国際芸術祭事務局より、山岡陽香さん。 3年に一度の祭典「瀬戸内国際芸術祭」瀬戸内国際芸術祭2022については、既に何度かご紹介してきました♪ ぜひそちらも改めてご覧くださいね。 今回鑑賞できる作品は、新作・旧作それぞれ100ほど、全体で約200作品。 春・夏・秋の三会期行われ、現在は夏会期に向けての準備期間、ということになりますが、山岡さんは、普段どんなお仕事を担当されているのでし

スキ
2

三豊市の「瀬戸芸」をサポート「海ほたる隊」とは?|2022年6月10日ラジオ放送

香川県三豊市の情報をお届けするラジオ番組「週刊みとよほんまモンRadio!」今回のゲストは、瀬戸内国際芸術祭事務局より、山岡陽香さん。 3年に一度開催されている「瀬戸内国際芸術祭」。 5月に春会期が終了し、現在8月5日(金)~9月4日(日)の夏会期、9月29日(木)~11月6日(日)の秋会期に向けて、準備が進んでいます! 秋会期の会場のひとつである三豊市・粟島でも、粟島芸術家村で先日「入村式」が行われ、制作が本格的にスタート。 加えて、三豊市では瀬戸内国際芸術祭のサポー

スキ
6

オススメスポット早わかり

三豊を良く知る地域ブロガーたちが、宿、カフェなど、三豊市のオススメスポットをご紹介します!「三豊のみどころを、まずざっくり知りたい」という方はぜひご覧ください。

すべて見る

夏本番!三豊で楽しむ夏のレジャー5選

今日から7月ですね! みなさんはこの夏、どこに遊びに行きますか? 今回は、香川県三豊市で、夏を200%楽しむためのアウトドア・レジャーをまとめてご紹介します。 高松市から車で約1時間の距離にあり、海、山、川、島など自然豊かなスポットが集まる香川県三豊市は、近年父母ヶ浜や紫雲出山などが世界的にも注目を浴びています。 でも、三豊市の魅力はそれだけじゃない! 一日中、思いっきり楽しめる、わくわくするようなスポットがまだまだたくさんあるんです。 1.Free Cloud(フリ

スキ
1

こだわり珈琲を飲むならこちら!三豊市のおすすめの珈琲が飲めるお店4選

「日本のウユニ塩湖」父母ヶ浜がある三豊市。アクセスの良い立地と、豊かな自然や絶景に県内外から多くの方が訪れる場所になりました。 珈琲店は、旅先でほっと一息したり、ローカルな情報を仕入れたり。 はたまた、地元の方にとっては日常の中に溶け込み、豊かにしてくれる場所。 地元の方にも観光客にもおすすめの三豊市にある、個性豊かな珈琲が飲めるお店を紹介します! マニア度ナンバーワン!あなた仕様の珈琲を淹れてくれます。「ハレとケ珈琲 森のスタンド」 「今日はどんな気分ですか?」話し

スキ
9

瀬戸内国際芸術祭2022いよいよ開幕!三豊市粟島のおすすめアートスポットをご紹介!【まとめ】

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。春・夏・秋の3会期に分かれており、いよいよ2022年4月14日(木)より春会期が開幕! 三豊市に属する粟島は、9月29日〜11月6日の秋会期に参加となりますが、実は、会期外でも楽しめるアートスポットがいくつかあるんです! 今回は、現在でも楽しめる粟島のアートスポットまとめをご紹介します。 瀬戸内国際芸術祭とは瀬戸内国際芸術祭は、2010年から始まった、香川県の離島を舞台に行われる祭典です。2022年で5回目となります。 現在は、12の島々(直島

スキ
105

子どもと遊ぶのにピッタリ!三豊市のお出かけスポット5選

「日本のウユニ塩湖」父母ヶ浜がある三豊市。高松市から車で1時間ほどというアクセスの良さに加え、子どもと一緒に遊ぶのにぴったりの海や山、公園などがたくさんあります♪ 今回は、屋外で過ごすのが気持ちがいい季節に行きたい、5つのスポットを紹介します! ※本記事は2021年4月26日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(Seesaaブログ)で紹介した情報を再編集したものです。 1,砂浜で遊ぶのに最適の父母ヶ浜三豊と言えば欠かせないのが、やっぱり父母ヶ浜。 フォトジェニック

スキ
3

【瀬戸内国際芸術祭2022】粟島特集!

「瀬戸内国際芸術祭2022」の秋会期の会場となる粟島では、会期中だけでなく会期外もさまざまなアート作品やイベントが楽しめます。粟島の魅力やイベント情報をお伝えします。

すべて見る

粟島芸術家村3年ぶりに開校!島民との交流から生まれるアートに期待。

粟島芸術家村入村式が行われました 2022年は3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。各地で盛り上がりを見せています。 秋会場のひとつにもなっている三豊市粟島では、『粟島芸術家村(粟島アーティスト・イン・レジデンス(粟島AIR))』がいよいよ開校!秋会期に向けてアーティストたちの制作が始まります。 粟島芸術家村とは? 粟島芸術家村は、若手芸術家の滞在型育成プロジェクト。若手芸術家の創作活動を支援するとともに、地域の人々との交流を通じて、文化芸術による地域の活性化を目的としていま

スキ
4

瀬戸内国際芸術祭2022いよいよ開幕!三豊市粟島のおすすめアートスポットをご紹介!【まとめ】

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。春・夏・秋の3会期に分かれており、いよいよ2022年4月14日(木)より春会期が開幕! 三豊市に属する粟島は、9月29日〜11月6日の秋会期に参加となりますが、実は、会期外でも楽しめるアートスポットがいくつかあるんです! 今回は、現在でも楽しめる粟島のアートスポットまとめをご紹介します。 瀬戸内国際芸術祭とは瀬戸内国際芸術祭は、2010年から始まった、香川県の離島を舞台に行われる祭典です。2022年で5回目となります。 現在は、12の島々(直島

スキ
105

瀬戸芸公式ショップに三豊の逸品が!!!

4月14日から始まった瀬戸内国際芸術祭2022。春会期もいよいよ残り9日となりました。ゴールデンウィークはフェリーに乗り切れないほどたくさんの方が詰めかけたそう! 今回は、瀬戸内国際芸術祭公式ショップに三豊の逸品が販売されていたのでご紹介します! 高松港公式ショップ「海の市場」瀬戸内国際芸術祭公式グッズが販売されているのは、高松港公式ショップ『海の市場』です。高松駅から徒歩5分。高松港から横断歩道を渡った先にあるサンポートの1階にあります。 高松港案内所や、ツアーデスクもあ

スキ
5

瀬戸内国際芸術祭2022粟島作品の「aw11種は船」が春会期は小豆島に!

4月14日から始まった瀬戸内国際芸術祭2022。 三豊市の粟島は、秋会期のみの参加となりますが、実は、粟島の作品である「aw11 種は船 TARA JAMBIO アートプロジェクト」が春会期中に小豆島で調査活動をしています。 「aw11 種は船 TARA JAMBIO アートプロジェクト」とは2019年の瀬戸内国際芸術祭で、粟島の作品となった《種は船プロジェクト》TANeFUNe。不定期運行の「TANeFUNe」に乗って粟島の海岸線を調査し、収集した海の漂流物をアートに変身

スキ
3

スポットの魅力深堀

三豊市の宿やカフェなど、個別スポットの魅力を深堀して紹介します!まずはざっくりおススメ情報を知りたい方はこちらへ(https://mitoyo-city.note.jp/m/m25de7e62db68)。

すべて見る

オンデと共にコーヒーと共に。里山の美しい自然の中でいただく拘り珈琲「shimoasa onde (シモアサオンデ)」

今回ご紹介するお店は日本の原風景のような四季折々の自然が美しい、三豊市高瀬町麻地区。そんな風景に溶け込むように佇む「shimoasaonde(シモアサオンデ」。この地区の名前を店名にされたほどこの場所の風景を大切にされているオーナーご夫婦。もともとご主人のおじいさまが住われていた住まいに、こつこつと手を加えて作り上げた空間が心地よいカフェです。 優しい里山の風景の中で夫婦二人三脚で営むカフェ お店の前庭には、風景に馴染む雑木や草花が植えられていて、訪れた時はちょうどジュン

スキ
5

丁寧に淹れられた自家焙煎コーヒーを絶品スィーツと一緒に。「洋菓子・焙煎珈琲 グルマンディーズ」

香川県三豊市豊中町にある「グルマンディーズ」はコーヒーの香り漂う心地よい空間で、神戸で修行を積んだ娘さんのつくる、絶品オリジナルスイーツと齋藤さんのつくるこだわりの自家焙煎コーヒーが楽しめるアットホームなお店。 定年を期に香川へUターンし、カフェを始めるまでの経緯や想いを語ってくれた記事は⇩⇩ 定年後、三豊で洋菓子カフェ「グルマンディーズ」をオープン!齊藤洋三さん 前編 珈琲への熱い想い!三豊のカフェ「グルマンディーズ」の齊藤洋三さん後編 齋藤さんの日常の一部だった珈琲

スキ
5

穏やかな瀬戸内海を目の前に焙煎された「HAKO珈琲」

荘内半島の先っぽに海を眺めて立つHAKO珈琲の焙煎所 荘内半島の先っちょ、『箱』からコーヒーのいい匂い・・・♡ 海を目の前に珈琲豆の焙煎小屋があるのをご存知でしたか? 瀬戸内の多島美に憧れて移住してこられた深井さんご夫婦 どこからでも海が見える荘内半島。その中でも箱から見える多島美の魅力に惹かれ、岐阜でカフェ経営されていた夏子さんが移住されたのは2017年のこと。 「四国の人はお遍路の文化があるからか、おもてなしの心を持っていて地域の皆さんに可愛がっていただけます」

スキ
1

珈琲に魅せられた男の淹れる感動の絶品珈琲「ハレとケ珈琲 森のスタンド」

暮らしにまつわる、さまざまなこだわりの専門店の集まる「暮らしの森」の中にある珈琲スタンド 三豊市豊中町にある「暮らしの森」。 「暮らしの森」は、ここにある暮らし 自然や風土 文化 四季を感じる居場所づくりと 心豊かに【衣】【食】【住】を愉しむ空間 様々な専門店が集まったおしゃれな空間です。 その中に、徳島県三好市にある「ハレとケデザイン舎」の「ハレとケ珈琲」から暖簾分けする形で、2021年6月にオープンした珈琲スタンド。 それが「ハレとケ珈琲 森のスタンド」 ハレと

スキ
2

みとよの生き方・働き方~三豊で活躍する人や企業を紹介

三豊市での暮らしを楽しんでいる人たちや、活躍している企業を紹介します。田舎暮らしや三豊への移住にご関心のある方は、ぜひご覧ください!

すべて見る

日本からケニア、ケニアから香川・三豊市へ。次に開く扉は?森さくらさん(後編)

 食と旅をテーマにフリーで活動されている森さくらさん。前編では、「週刊みとよほんまモンRadio」のブロガー時代のことや、現在のお仕事について伺いました。後編は、三豊に移住してくるまでの物語とこれからの夢を伺っていきます。 アフリカから三豊へ ★さくらさんといえば、20代の頃にケニアのサファリ会社にいたユニークな方という印象を持っている方も多いのではないでしょうか。  1997年から10年間、ケニアのサファリ会社で働いていました。首都ナイロビに住んでいましたが、当時は人口

スキ
13

三豊を知りつくし、伝えつくす!森さくらさん(前編)

 2011年秋に「週刊みとよほんまモンRadio!」のブログが始まってから10年半。立ち上げ当初から担当してきた「さくらさん」が、2022年3月いっぱいで番組ブロガーを卒業しました。三豊とともに歩んだご自身の10年を振り返ります。  前編では、ブログライターとしての10年間のお話についてお伺いします! がむしゃらに取材をはじめて ★まずは10年半に及ぶ取材、お疲れさまでした。このブログのお仕事を通して、すっかり「三豊オタク」になったそうですね。  ブログを担当し始めてか

スキ
8

空き家の利活用を通じて地域の魅力を高めて伝える「空き家王子」となるまで 島田真吾さん(後編)

香川に移住する時に選んだ「不動産業」という仕事を通じて地域へのかかわりを深めながら、自分のやりたいことに取り組んでいく生き方を、引き続きお伺いします。 2018年から喜田建材で働き始めたんですね! どんな仕事から始まったんですか? (島田さん)最初は、不動産売買の仲介業からでした。同じ不動産業でも、それまでやっていた「買取・再販事業」とは違い、買主さん・売主さんの間に立って、取引を安全且つスムーズに運ぶ役割の難しさや面白さを勉強していきました。 同時にゲストハウス運営事業

スキ
6

空き家の利活用を通じて地域の魅力を高めて伝える「空き家王子」となるまで 島田真吾さん(前編)

全国的にも問題視され取り上げられることの多い「空き家&放棄地問題」。もちろん、香川県、そして三豊市も例外ではありません。地域の不動産業者を中心に、いろいろな形の利活用の提案が行われていますが、三豊市で中心的な取り組みをしている「株式会社喜田建材」(DEMI 1/2)不動産部の島田真吾さんにお話を伺います。 株式会社喜田建材(DEMI 1/2)とは?  島田さんがDEMI 1/2で働き始めたのはいつからですか? (島田さん)2018年からなので今年で5年になります。入社し

スキ
8