マガジンのカバー画像

みとよの生き方・働き方~三豊で活躍する人や企業を紹介

49
三豊市での暮らしを楽しんでいる人たちや、活躍している企業を紹介します。田舎暮らしや三豊への移住にご関心のある方は、ぜひご覧ください!
運営しているクリエイター

記事一覧

日本からケニア、ケニアから香川・三豊市へ。次に開く扉は?森さくらさん(後編)

 食と旅をテーマにフリーで活動されている森さくらさん。前編では、「週刊みとよほんまモンRadio」のブロガー時代のことや、現在のお仕事について伺いました。後編は、三豊に移住してくるまでの物語とこれからの夢を伺っていきます。 アフリカから三豊へ ★さくらさんといえば、20代の頃にケニアのサファリ会社にいたユニークな方という印象を持っている方も多いのではないでしょうか。  1997年から10年間、ケニアのサファリ会社で働いていました。首都ナイロビに住んでいましたが、当時は人口

スキ
12

三豊を知りつくし、伝えつくす!森さくらさん(前編)

 2011年秋に「週刊みとよほんまモンRadio!」のブログが始まってから10年半。立ち上げ当初から担当してきた「さくらさん」が、2022年3月いっぱいで番組ブロガーを卒業しました。三豊とともに歩んだご自身の10年を振り返ります。  前編では、ブログライターとしての10年間のお話についてお伺いします! がむしゃらに取材をはじめて ★まずは10年半に及ぶ取材、お疲れさまでした。このブログのお仕事を通して、すっかり「三豊オタク」になったそうですね。  ブログを担当し始めてか

スキ
7

空き家の利活用を通じて地域の魅力を高めて伝える「空き家王子」となるまで 島田真吾さん(後編)

香川に移住する時に選んだ「不動産業」という仕事を通じて地域へのかかわりを深めながら、自分のやりたいことに取り組んでいく生き方を、引き続きお伺いします。 2018年から喜田建材で働き始めたんですね! どんな仕事から始まったんですか? (島田さん)最初は、不動産売買の仲介業からでした。同じ不動産業でも、それまでやっていた「買取・再販事業」とは違い、買主さん・売主さんの間に立って、取引を安全且つスムーズに運ぶ役割の難しさや面白さを勉強していきました。 同時にゲストハウス運営事業

スキ
6

空き家の利活用を通じて地域の魅力を高めて伝える「空き家王子」となるまで 島田真吾さん(前編)

全国的にも問題視され取り上げられることの多い「空き家&放棄地問題」。もちろん、香川県、そして三豊市も例外ではありません。地域の不動産業者を中心に、いろいろな形の利活用の提案が行われていますが、三豊市で中心的な取り組みをしている「株式会社喜田建材」(DEMI 1/2)不動産部の島田真吾さんにお話を伺います。 株式会社喜田建材(DEMI 1/2)とは?  島田さんがDEMI 1/2で働き始めたのはいつからですか? (島田さん)2018年からなので今年で5年になります。入社し

スキ
8

映像との出会い、地域への想い。三豊市のフォトグラファー、藤岡優さん(後編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、三豊市で動画制作なや映像配信サポートなどを行う合同会社FIZMの代表社員、藤岡優さん。 前編では、現在のお仕事や、保育士を目指し大学に入るまでの経緯を伺いました。後編では、映像との出会いや、地域での取り組みなどを紹介します! 前編はこちら。 https://mitoyo-city.note.jp/n/n4ae207afdb8d ※本記事は2021年6月29日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(S

スキ
2

地方でも好きを仕事に!三豊市のフォトグラファー、藤岡優さん(前編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、三豊市で動画制作なや映像配信サポートなどを行う合同会社FIZMの代表社員、藤岡優さん。「好きを仕事に」した経緯を伺いました。 ※本記事は2021年6月28日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(Seesaaブログ)で紹介した記事を再編集したものです。 藤岡優さんの経歴 経歴 1985年2月 三豊市仁尾町生まれ  2011年 フリーランスのフォトグラファーとして、香川県内を中心にウエディング業界を中

スキ
9

地域でいかに仕事を見つけるか? 三豊市に移住した牛込麻依さん(後編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、瀬戸内国際芸術祭がきっかけで三豊市に移住した牛込麻依さん。 前編では、初めて瀬戸内の島を訪れた大学時代から、実際に移住するまでの経緯をお伺いしました。後編では、三豊市に移住してから、仕事を見つけ、地域に溶け込んでいく過程を追います。 東京から瀬戸内に移住するまでの話はこちら。 https://mitoyo-city.note.jp/n/n4057d1e7c6c1 ※本記事は2021年10月26日に旧・

スキ
8

きっかけは瀬戸内国際芸術祭!三豊市に移住した牛込麻依さん(前編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、瀬戸内国際芸術祭がきっかけで三豊市に移住した牛込麻依さん。初めて瀬戸内の島を訪れた大学時代から、実際に移住するまでの経緯をお伺いします。 ※本記事は2021年10月25日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(Seesaaブログ)で紹介した記事を再編集したものです。 ※ 最近、三豊では、幅広い世代で移住をしてきている人たちがいます。 自分の住みたいところを選んで移住してきた人たちは、どのような暮ら

スキ
4

宿運営に制服リユースも!三豊市にUターンし、多彩な活動に取り組む辻慶子さん(後編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、大阪に憧れ三豊市を飛び出したものの、紆余曲折を経てUターンし、今はゲストハウスの運営などに携わる辻慶子さんです。 前編では、離婚を経て大阪から三豊市にUターンするまでをお伝えしました。後編では、三豊で仕事を見つけ、活動の幅を広げていく様子を追います。 前編はこちら https://mitoyo-city.note.jp/n/nc3fd3f388d5c ※本記事は2021年12月2日に旧・週刊みとよ ほ

スキ
4

大阪に憧れていた辻慶子さんが、三豊市にUターンしたきっかけは?(前編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、大阪に憧れ三豊市を飛び出したものの、紆余曲折を経てUターンし、今はゲストハウスの運営などに携わる辻慶子さんです。 ※本記事は2021年12月1日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(Seesaaブログ)で紹介した記事を再編集したものです。 ※ 前回は、「この町には何もない」と思って外に飛び出したものの、現在は三豊市にUターンし、父母ヶ浜の活性化に携わっている今川亜由美さんを紹介しました。 htt

スキ
3

父母ヶ浜前のお店経営を通じて感じたこと。三豊市にUターンした今川亜由美さん(後編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、三豊市でカフェやおみやげ店の経営に携わる今川亜由美さん。 前編では、「何もない町」と感じて飛び出した三豊に、長い時を経てUターンした過程を伺いました。 後編では、父母ヶ浜にある「KAKIGORI CAFÉひむろ」や「百歳書店」の経営を通して感じていることなどをお伺いします。 前編はこちら。 https://mitoyo-city.note.jp/n/n31a47e4a804a ※本記事は2021年1

スキ
1

約17年を経て三豊市へUターンしたきっかけは?今川亜由美さん(前編)

香川県三豊市でのさまざまな生き方を紹介する本企画。今回ご紹介するのは、三豊市でカフェなどの経営に携わる今川亜由美さん。 前編では、「何もない町」と感じて飛び出した三豊に、長い時を経てUターンした過程を伺います。 ※本記事は2021年11月29日に旧・週刊みとよ ほんまモンRadio!(Seesaaブログ)で紹介した記事を再編集したものです。 「戻りたい街ランキング」全国3位となった三豊市「全国戻りたい街ランキング2021」で、全国の都市の中で第3位に選ばれた香川県三豊市

スキ
5

三豊におしゃれなチョコレートのお店ができるまで 齋賀信子さん(後編)

2021年4月にオープンした三豊市詫間町のBean to Bar専門店「RACATI」 責任者、兼、クラフトマンの斎賀伸子さん(以下、伸子さん)に、チョコレートと向き合い始めた日々について伺います。 チョコレート作りは順調に始まったのですか? (伸子さん) 2020年になる頃から、チョコレートに改めて向き合い始めました。どうやってできるんだろうってところから始まって、世界のあちこちの国からカカオを取り寄せてみたりしました。ほぼ素人だけの数人でチームを作って、カカオを焼い

スキ
7

三豊におしゃれなチョコレートのお店ができるまで 齊賀信子さん(前編)

2021年4月、三豊市詫間町にオープンしたBean to Bar専門店「RACATI」 おしゃれな外観と店内、そして丁寧に作られたチョコレートの美味しさはすぐに広まり、あっという間に話題のお店となったチョコレート専門店の責任者、兼、クラフトマンの齊賀伸子さん(以下、伸子さん)に、現在のお仕事と三豊での暮らし方を伺います。 RACATIオープンして初めてのバレンタインデーを前に、お忙しいのではないですか? (伸子さん) 今はスタッフも増えて、オーダーの数も早めに調整できる

スキ
7