マガジンのカバー画像

【瀬戸内国際芸術祭2022】粟島特集!

9
「瀬戸内国際芸術祭2022」の秋会期の会場となる粟島では、会期中だけでなく会期外もさまざまなアート作品やイベントが楽しめます。粟島の魅力やイベント情報をお伝えします。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

瀬戸内国際芸術祭2022いよいよ開幕!三豊市粟島のおすすめアートスポットをご紹介!【まとめ】

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。春・夏・秋の3会期に分かれており、いよいよ2022年4月14日(木)より春会期が開幕! 三豊市に属する粟島は、9月29日〜11月6日の秋会期に参加となりますが、実は、会期外でも楽しめるアートスポットがいくつかあるんです! 今回は、現在でも楽しめる粟島のアートスポットまとめをご紹介します。 瀬戸内国際芸術祭とは瀬戸内国際芸術祭は、2010年から始まった、香川県の離島を舞台に行われる祭典です。2022年で5回目となります。 現在は、12の島々(直島

スキ
105

粟島芸術家村3年ぶりに開校!島民との交流から生まれるアートに期待。

粟島芸術家村入村式が行われました 2022年は3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。各地で盛り上がりを見せています。 秋会場のひとつにもなっている三豊市粟島では、『粟島芸術家村(粟島アーティスト・イン・レジデンス(粟島AIR))』がいよいよ開校!秋会期に向けてアーティストたちの制作が始まります。 粟島芸術家村とは? 粟島芸術家村は、若手芸術家の滞在型育成プロジェクト。若手芸術家の創作活動を支援するとともに、地域の人々との交流を通じて、文化芸術による地域の活性化を目的としていま

スキ
4

瀬戸芸公式ショップに三豊の逸品が!!!

4月14日から始まった瀬戸内国際芸術祭2022。春会期もいよいよ残り9日となりました。ゴールデンウィークはフェリーに乗り切れないほどたくさんの方が詰めかけたそう! 今回は、瀬戸内国際芸術祭公式ショップに三豊の逸品が販売されていたのでご紹介します! 高松港公式ショップ「海の市場」瀬戸内国際芸術祭公式グッズが販売されているのは、高松港公式ショップ『海の市場』です。高松駅から徒歩5分。高松港から横断歩道を渡った先にあるサンポートの1階にあります。 高松港案内所や、ツアーデスクもあ

スキ
5

瀬戸内国際芸術祭2022粟島作品の「aw11種は船」が春会期は小豆島に!

4月14日から始まった瀬戸内国際芸術祭2022。 三豊市の粟島は、秋会期のみの参加となりますが、実は、粟島の作品である「aw11 種は船 TARA JAMBIO アートプロジェクト」が春会期中に小豆島で調査活動をしています。 「aw11 種は船 TARA JAMBIO アートプロジェクト」とは2019年の瀬戸内国際芸術祭で、粟島の作品となった《種は船プロジェクト》TANeFUNe。不定期運行の「TANeFUNe」に乗って粟島の海岸線を調査し、収集した海の漂流物をアートに変身

スキ
3

泊まれる美術館「Art canvas AWASHIMA」【三豊市粟島アートスポット④】

瀬戸内国際芸術祭2022がいよいよ開幕! 実は、三豊市の粟島には会期外でも楽しめる作品がいくつかあるんです。 本日ご紹介するのは、どっぷりアートに浸かって泊まることができる一棟貸しのゲストハウス「Art canvas AWASHIMA」です! ※この記事は2019年制作当時の記事を再編集したものです。 Art canvas AWASHIMAとは日本初の海員養成学校がある島として知られる香川県三豊市粟島。現在も、元船乗りの方々が多く島に住んでいらっしゃいます。 瀬戸内国際

スキ
11

洞窟の中の壁画とクジラ:粟島芸術家村【三豊市粟島アートスポット③】

瀬戸内国際芸術祭2022がいよいよ開幕! 実は、三豊市の粟島には会期外でも楽しめる作品がいくつかあるんです。 本日ご紹介するのは、「粟島芸術家村」にある、2019年の瀬戸内国際芸術祭秋会期に公開されたマユールさんと大小島真木さんの作品、「言葉としての洞窟壁画と、鯨が酸素に生まれ変わる物語」です。 ※この記事は2019年制作当時の記事を再編集したものです。 粟島芸術家村とは粟島芸術家村は、港から徒歩5分の位置にある、旧粟島中学校を利用した施設です。2010年からアーティスト

スキ
2

大小島真木さんの鯨アート:粟島芸術家村【三豊市粟島アートスポット②】

瀬戸内国際芸術祭2022がいよいよ開幕! 実は、三豊市の粟島には会期外でも楽しめる作品がいくつかあるんです。 本日ご紹介するのは、アーティストインレジデンスを実施している「粟島芸術家村」にある、2019年の瀬戸内国際芸術祭に参加した大小島真木さんの作品です。 ※この記事は、2018年制作当時のインタビューを編集し作成しています。 粟島芸術家村とは粟島芸術家村は、港から徒歩5分の位置にある、旧粟島中学校を利用した施設です。2010年からアーティストインレジデンスを実施してお

スキ
2

届け先のわからない手紙を受け付ける漂流郵便局【三豊市粟島アートスポット①】

瀬戸内国際芸術祭2022がいよいよ開幕! 実は、三豊市の粟島には会期外でも楽しめる作品がいくつかあるんです。 本日ご紹介するのは、テレビドラマでも取り上げられ話題となった「漂流郵便局」です。 漂流郵便局とは「漂流郵便局」は、2013年の瀬戸内国際芸術祭で制作された現代アート作品。アーティストの久保田沙耶さんが、旧粟島郵便局を作品としてよみがえらせたものです。 久保田さんが滞在制作で粟島を訪れた時、たくさんの漂着物が海に流れ着いているのを見て、かなり驚いたそう。調査すると、潮

スキ
2

【瀬戸内国際芸術祭・粟島】須田港待合所がリニューアルしました!

3年に一度行われる瀬戸内国際芸術祭。いよいよ来週4月14日(木)から瀬戸内国際芸術祭2022春会期が始まります!これに先立ち、三豊市でも作品のリニューアルが実施されました。秋会期の会場である「粟島」へ向かうための港「須田港」の待合所、「みなとのロープハウス」です。 「みなとのロープハウス」とは三豊市に属する粟島は、2013年の瀬戸内国際芸術祭から参加しました。このときに制作されたのが、「みなとのロープハウス」です。作家は建築家の山田紗子(やまだすずこ)さん。 元々、須田港

スキ
7