新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

届け先のわからない手紙を受け付ける漂流郵便局【三豊市粟島アートスポット①】

瀬戸内国際芸術祭2022がいよいよ開幕!
実は、三豊市の粟島には会期外でも楽しめる作品がいくつかあるんです。
本日ご紹介するのは、テレビドラマでも取り上げられ話題となった「漂流郵便局」です。

漂流郵便局とは

「漂流郵便局」は、2013年の瀬戸内国際芸術祭で制作された現代アート作品。アーティストの久保田沙耶さんが、旧粟島郵便局を作品としてよみがえらせたものです。
久保田さんが滞在制作で粟島を訪れた時、たくさんの漂着物が海に流れ着いているのを見て、かなり驚いたそう。調査すると、潮の流れが関係していることがわかりました。

その後、島の中心部にある旧粟島郵便局のガラスに映る自分の姿を見て、「まるで自分もここに流れ着いた」と感じたそう。たくさんの方に同じような感覚を体感してほしい、という思いで、漂流郵便局の制作がスタートしました。

コンセプトは以下の通り。

~いつかのどこかのだれか宛~
こちらは、届け先の分からない手紙を受け付ける郵便局であり、「漂流郵便局留め」という形で、いつか宛先不明の存在に届くまで漂流私書箱に手紙を漂わせてお預かりいたします。

過去/現在/未来
もの/こと/ひと
何宛でも受け付けます。

いつかのどこかのだれか宛の手紙がいつかここにやってくるあなたに流れ着く。

懐かしい未来への郵便局。
漂流郵便局、開局いたします。

三豊市観光交流局ホームページより

がんで急逝した夫、天国に行ってしまった母や子ども。祖父母の愛犬。過去の自分や未来の自分……会いたくても会えない。そんな人やモノに向けてつづられた、海を漂う瓶入りの手紙のような想いを預かってくれる場所です。

局内には、これまでに届いた多くの手紙が展示されており、来館者は、それらの手紙を一つ一つ、読むことができます。
中には思わずうるうるしてしまうものも。ハンカチやティッシュを持参することをお勧めします。

本来であれば、瀬戸内国際芸術祭2013が終幕する際に、撤去される予定だった作品ですが、館長を務める中田さんが「この場所は残しておかねばならない」と判断し、それ以降ボランティアでこの場所を守ってくださっています。

建物を清潔に保ち、日々送られてくる手紙に必ず目を通すという中田館長。
2020年時点で、世界中から送られてくる手紙は4万通を超えました。

たくさんの方の思いが詰まったこの場所は、神聖な空気感があり、まるで聖堂のような美しい場所になっています。

漂流郵便局への手紙の出し方

<いつかどこかのだれかに手紙を出したい方は>
以下のことにご了承いただき、郵便局まで送りください。

1)送っていただいた手紙のご返却はできません。
2)手紙の著作権は漂流郵便局に譲渡していただきます。
3)差出人様の住所は不要です。

[送り先住所]はがきやお便りで受け付けています。
〒769-1108
香川県三豊市詫間町粟島1317‐2
漂流郵便局留め

〇〇〇〇〇〇様
(↑いつかのどこかのだれか様)


漂流郵便局に直接投函することもできます。営業時間内は窓口まで、
営業時間外は漂流郵便局入口左側の「郵便受け」にお入れください。

三豊市観光交流局ホームページより

手紙は、ハガキでも、便箋でも構いません。
差出人の住所は不要なので、個人情報の心配もありません。

今は会えないあの人に伝えきれなかった思いを文字にしたため、漂流郵便局へ「郵送する」という行為により、その思いは昇華され、成仏してくれるような気がします。

2度の書籍化

漂流郵便局に送られた手紙を集めた書籍が2冊出版されています。
胸に染みる、たくさんの方の思いが詰まった書籍。泣けます。

開館情報

【概要】
開局日時:第2、第4土曜日 13:00~16:00
住所:香川県三豊市詫間町粟島1317‐2
   須田港から粟島汽船にて15分。粟島港から徒歩5分で行けます。
入館料:無料

※2022年4月12日現在開館しています。
※新型コロナウイルスの感染状況により変更の可能性があります。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれてありがとうございます(^0^)。最新記事はこちらから!