マガジンのカバー画像

スポットの魅力深堀

59
三豊市の宿やカフェなど、個別スポットの魅力を深堀して紹介します!まずはざっくりおススメ情報を知りたい方はこちらへ(https://mitoyo-city.note.jp/m/m2 もっと読む
運営しているクリエイター

2022年5月の記事一覧

オンデと共にコーヒーと共に。里山の美しい自然の中でいただく拘り珈琲「shimoasa onde (シモアサオンデ)」

今回ご紹介するお店は日本の原風景のような四季折々の自然が美しい、三豊市高瀬町麻地区。そんな風景に溶け込むように佇む「shimoasaonde(シモアサオンデ」。この地区の名前を店名にされたほどこの場所の風景を大切にされているオーナーご夫婦。もともとご主人のおじいさまが住われていた住まいに、こつこつと手を加えて作り上げた空間が心地よいカフェです。 優しい里山の風景の中で夫婦二人三脚で営むカフェ お店の前庭には、風景に馴染む雑木や草花が植えられていて、訪れた時はちょうどジュン

スキ
5

丁寧に淹れられた自家焙煎コーヒーを絶品スィーツと一緒に。「洋菓子・焙煎珈琲 グルマンディーズ」

香川県三豊市豊中町にある「グルマンディーズ」はコーヒーの香り漂う心地よい空間で、神戸で修行を積んだ娘さんのつくる、絶品オリジナルスイーツと齋藤さんのつくるこだわりの自家焙煎コーヒーが楽しめるアットホームなお店。 定年を期に香川へUターンし、カフェを始めるまでの経緯や想いを語ってくれた記事は⇩⇩ 定年後、三豊で洋菓子カフェ「グルマンディーズ」をオープン!齊藤洋三さん 前編 珈琲への熱い想い!三豊のカフェ「グルマンディーズ」の齊藤洋三さん後編 齋藤さんの日常の一部だった珈琲

スキ
5

穏やかな瀬戸内海を目の前に焙煎された「HAKO珈琲」

荘内半島の先っぽに海を眺めて立つHAKO珈琲の焙煎所 荘内半島の先っちょ、『箱』からコーヒーのいい匂い・・・♡ 海を目の前に珈琲豆の焙煎小屋があるのをご存知でしたか? 瀬戸内の多島美に憧れて移住してこられた深井さんご夫婦 どこからでも海が見える荘内半島。その中でも箱から見える多島美の魅力に惹かれ、岐阜でカフェ経営されていた夏子さんが移住されたのは2017年のこと。 「四国の人はお遍路の文化があるからか、おもてなしの心を持っていて地域の皆さんに可愛がっていただけます」

スキ
2

珈琲に魅せられた男の淹れる感動の絶品珈琲「ハレとケ珈琲 森のスタンド」

暮らしにまつわる、さまざまなこだわりの専門店の集まる「暮らしの森」の中にある珈琲スタンド 三豊市豊中町にある「暮らしの森」。 「暮らしの森」は、ここにある暮らし 自然や風土 文化 四季を感じる居場所づくりと 心豊かに【衣】【食】【住】を愉しむ空間 様々な専門店が集まったおしゃれな空間です。 その中に、徳島県三好市にある「ハレとケデザイン舎」の「ハレとケ珈琲」から暖簾分けする形で、2021年6月にオープンした珈琲スタンド。 それが「ハレとケ珈琲 森のスタンド」 ハレと

スキ
2